私が最初にブラジリアンワックスで陰毛の自己処理をした経験談です。
それまではヒートカッターでカットする程度でしたが、オンラインでブラジリアンワックスの影響を発見して、チャレンジする事にしました。

専門のサロンもあるらしいのですが、わりと度胸がいるので結局セルフ脱毛を選択しました。

お砂糖とレモンでも手作りできますが、初めてなのでamazonで市販のワックスを買い物しました。

アンジェリカのスターターキットで、ワックス、シート、スパチュラが付いて5000円程度でした。

ワックスは水アメそのものの感触です。

脱毛しやすいように短めに裁断した毛に、流れに沿って着色していきます。

加えてシートを貼り撫でるように馴染ませたら、毛の流れと逆方向に思いっきり剥がします。

それは痛いのなんの…と言う痛さでした。

けれどもその痛さは序の口でした。

Vラインが終わりIラインを脱毛するとその倍くらいの痛さが走りました。

その上Iラインは相当見にくく、毛の流れもバラバラなので面倒に、途中で断念しました。

私は肌が薄く、毛は濃いい方なので余分痛さを感じたのかもしれません。

ただし出来栄えはなんとなく麗しいで脱毛ところはツルツルになりました。

その後1週間近くはその様子が保てるので、水着になったりするスペシャルな時には特にベストチョイスです。

結局私は苦痛のおそれでその後使わなくなりましたが、痛さに強い方、あまり毛が濃く無い方、しかも器用な方にはイチ押しの手段だと考えます。

脱毛について考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です