ブラジリアンワックスで陰毛処理

私が最初にブラジリアンワックスで陰毛の自己処理をした経験談です。
それまではヒートカッターでカットする程度でしたが、オンラインでブラジリアンワックスの影響を発見して、チャレンジする事にしました。

専門のサロンもあるらしいのですが、わりと度胸がいるので結局セルフ脱毛を選択しました。

お砂糖とレモンでも手作りできますが、初めてなのでamazonで市販のワックスを買い物しました。

アンジェリカのスターターキットで、ワックス、シート、スパチュラが付いて5000円程度でした。

ワックスは水アメそのものの感触です。

脱毛しやすいように短めに裁断した毛に、流れに沿って着色していきます。

加えてシートを貼り撫でるように馴染ませたら、毛の流れと逆方向に思いっきり剥がします。

それは痛いのなんの…と言う痛さでした。

けれどもその痛さは序の口でした。

Vラインが終わりIラインを脱毛するとその倍くらいの痛さが走りました。

その上Iラインは相当見にくく、毛の流れもバラバラなので面倒に、途中で断念しました。

私は肌が薄く、毛は濃いい方なので余分痛さを感じたのかもしれません。

ただし出来栄えはなんとなく麗しいで脱毛ところはツルツルになりました。

その後1週間近くはその様子が保てるので、水着になったりするスペシャルな時には特にベストチョイスです。

結局私は苦痛のおそれでその後使わなくなりましたが、痛さに強い方、あまり毛が濃く無い方、しかも器用な方にはイチ押しの手段だと考えます。

脱毛について考える

年齢ごとにスキンケアは変わる

美を追求する女性
年齢に応じた肌のお手入れをするというのは大切ですよね。

30代後半くらいから乾かすやシミ・しわなど諸々な肌心配が出てきた私。

結局現在までと同じケアではいけないなぁと強く感じます。

そう感じるきっかけになったのは、20代の頃に使って感動した化粧水を7年ぶりくらいに使ってみた事。

その化粧水は1万円くらいして、20代の私には多少(かなり)高い購入でした。

でも使用感はものすごく良くて、お肌がツルンツルンになり「やはり値段が高くて、かつ評判があるだけはあるなぁー」と感心していたのですが、必然的にお値段がネックになってしまって継続できなかったのでした。

しかも30代半ばくらいになり、多少お金にゆとりがあった頃合に「そういえばあの化粧水良かったよね」と、ふと思い出して久し振りに購買してみたのです。

久々のハイグレード(私にとっては)化粧水をウキウキワクワクしながら使ってみたところ…何となく昔と違う。

そう、加齢により乾かす肌になってしまった私には、その化粧水では保湿しきれなかったのです。

当然その化粧水も美容成分が入っていてかなり良いものなのですが、私のカサカサお肌には保湿しきれなかったのです。

という事で今の時代では、保湿成分がちゃんとと入っている事、またしわなどの肌困りごとに影響のある美容成分が内蔵されている事がコスメをピックアップする必須な見所です。

今後歳をとっていくと他にも肌の状況も変わってくるでしょう。

そのケースには他にも自らに合ったコスメを見つけなきゃ…と思っています。

脱毛サロンのスタッフが親切かは重要

脱毛サロンに通う女性
脱毛サロンでは、普通には心理コンサルタントは受ける事になります。

心理コンサルティングは、脱毛サロンを選りすぐる上での大きな要点になるでしょう。

心理コンサルティングにおける必須キーポイントの1つは、一例を挙げれば解説の理解いただけやすさです。

料金が明瞭会計であるか否かは、店舗をピックアップするスタンダードになる事は、ほぼ間違いないのです。

それともう1つ軽視できない点は、クライアント扱ってが優れているか否かです。

何せ脱毛サロンでは、そこそこに長い間に渡ってお世話になる訳ですから、カスタマー扱ってが良いか如何にかも大事な着目点と言えます。

とどのつまり応対があまり良くないサロンですと、嫌な考えをしてしまう見込みもありますから、それを心理コンサルティングで見極めたいと思う方々も多々あるでしょう。

実のところそれは、おっしゃる通り価値があるなスタンスです。

ただ脱毛サロンで心理コンサルタントを受けるにしても、やっぱり施術を行う本人が解説を行っているか如何にかは、キッチリと検証しておく方が無難です。

一例を挙げれば心理コンサルティングでは、サロンのスタッフAさんという方が扱ってしてくれたとします。

ところが実のところに施術を行うのは、全く別のBさんというパターンもあり得る訳です。

そんな訳でユーザー応対の食い違いなどが生じて、心象と違ったという話もよく聞きます。

支障がなければ、同一人物が心理コンサルタントを行ってくれる店舗が良いでしょう。

つまり心理コンサルティングも施術も、同じAさんが行ってくれる方が望ましいのです。

そうした状況になっているか否かは、脱毛サロンをピックアップする水準の1つになるでしょう。

ムダ毛コンプレックス

ムダ毛処理をする女性
必要ない毛は、メソッドがかなり大事な秘訣になってきます。

不適切な手段ですと、トラブルが生じる事があるので配慮が必須です。

一例を挙げれば埋もれてしまう時です。

多くの方々は、むだ毛を剃刀などで処理している性質はあります。

おっしゃる通り剃刀という手段は、そこそこに有用です。

出費もわりと手頃な値段ですから、それで処理を行っている方々も、とても多く見られます。

ところが剃刀は、上述でもわずか触れた埋もれる問題が浮上する事もあるのです。

心残りながら剃刀は、体毛の埋込を引き起こしてしまう事があります。

それで埋没ステータスになった体毛は、あまり風情が良くないのです。

肌にでき物が生じたような風情になってしまいますから、客観的な感触を悪くしてしまう時も多々あります。

反対に適切なテクニックで処理を行っておけば、そういう問題が生じづらくなるのです。

例を挙げるとワックスやシェーバーなどの手段です。

前者は適度の苦しみを伴いますが、少なくとも剃刀などの手段と比べれば、埋没状況になる確率は低いでしょう。

他にもシェーバーなども、わりと安心度は高めな性質があります。

それとショップによる施術なども、とどのつまりそこそこに趣旨はあるのです。

いわゆるサロンなどによる施術は、そこそこに大きな影響が発揮される事も多々あるですが、埋没防止についての長所もあります。

帰するところ施術を受ける方が、埋没状況になりづらいです。

このようにお手入れ手法にも色々ありますが、できるだけ埋没様子になりづらい手段を選りすぐる事が大事です。